専門業者にオリジナルユニフォームを注文【メリットとは】

ユニフォームを作成する

選手

基本的な知識

会社や学校、地域や仲間内でスポーツをする際、オリジナルユニフォームを着用する機会は多いと思います。体操着や私服で練習や試合をするよりも、オリジナルユニフォームを着たほうが気持ちも引き締まります。しかし、こうしたユニフォームがあらかじめ用意されていればいいですが、新しく発足した団体などでユニフォームが無い場合には、どうやって調達すればよいのでしょうか。そんな疑問をお持ちの方に、ここではオリジナルユニフォーム作成の基本的な知識について、簡単に説明します。オリジナルユニフォームは、スポーツウェアのオーダーメイド作成を行っているメーカーに依頼して作ってもらいます。専門のショップに出向いて店員と相談しながら依頼する方法もありますが、近年ではオンライン上のやり取りで完結する、インターネット通販型のショップの利用が多くなっています。スポーツウェアに特化した専門店の他、Tシャツやパーカーなどのオリジナルプリントサービスを提供しているショップでも、オリジナルユニフォームを扱っているお店があります。基本的な作成方法としては、大手スポーツメーカーなどの既製品のウェアに、オリジナルのデザインをプリントします。メーカーやサイズ、色や数量などを選択し、依頼者から指定されたデザインに加工、その後梱包されて出荷されます。デザインを施す範囲やプリントの方法は、好みや予算の都合に合わせて選択できます。中にはウェアの縫製から対応しているメーカーもあり、ステッチや特殊な襟など既製品とは一味違った完全オリジナルユニフォームの作成が可能です。納期はデザインの仕様などに応じて変わり、背番号やチーム名のみのシンプルなタイプで1週間ほど、複雑なデザインや範囲の広いものは3〜4週間ほどが一般的な納期となっています。